若い頃は太らなかったのに・・・何をしても無駄かも?

 

若い頃は、食べ過ぎてもそのあと食べなければもとに戻りましたが、そう簡単には戻らなくなり、食べたらその分太るようになりました。
しかし、食べないのはきついので、量を食べたいときは野菜中心に食べるようにしています。
ネットなどの情報から、食事をするときはまず野菜から食べるようにもしています。
ですが、なかなか体重が減らず、体型も全くかわりません。
できれば断食や○食置き換えなどの食事制限はしたくないので、運動もすることにしました。
わざわざ「運動するぞ!」と意気込んでも3日坊主になりそうなので、スーパーに買い物に行くときに車ではなく歩いていくようにしています。
特に買い物の予定がないときでも、できるだけ1日3000歩〜5000歩ですが、子供を連れて散歩がてら歩くようにしています。
それでもやっぱり、なかなか結果がでないので、モチベーションが保てずに困っています。
結局、何をしても無駄なんじゃないかと思ってしまうと、何もやる気がなくなってしまい、毎日コツコツ継続できません。

 

 

太ってしまったときに一番に考えるのは”ダイエット”ですよね。
身体に負担をかけずに痩せたい・・・そんな時に注目されることが多いのが、水素水です。
水素水には様々な効果があり、商品の数もとても多くのものが販売されています。
どれを購入すればいいのか分からないという方は、以下のようなサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。
《評判は嘘!?》トラストウォーターを売れている水素水と徹底比較し効果を暴露

やらなきゃ!はNG。理想のモデルさんを見たり、ウィンドウショッピングでほしい服を見つける

 

たまにでも運動することは体に良いと思うので、今の所やる気のある時だけでも歩くようにしています。
ある得る時は、極力姿勢を正すようにきをつけて歩くようにしています。
歩く時の姿勢は自分で正すのは限界があると思うので、CMや雑誌などで話題になっている足にはめて歩くと、姿勢が正されてストレッチの効果もあり、結果ダイエットに聞くと謳って発売されているリングの購入を検討しています。
そのアイテムを使うことで、より代謝が上がるようならうれしいですし、姿勢が正されるだけでも見た目が変われば良いと思うので。
モチベーションを保てず、やる気が起きない時は、思いっきりくーたらするようにしています。
「やらなきゃ」と思うと、プレッシャーやストレスで過食気味になってしまうので、休んでしまいます。
そして、日常生活の中で、鏡やガラスに映る自分の姿は見るようにして、ウィンドーショッピングなどでほしい服をみつけたり、ネットで自分の好きな印象のモデルさんの写真などを検索して見たりしています。
そうすることで、痩せたいきもちが大きくなり、徐々にモチベーションが上がってきます。

人気の記事はこちら♪